ニキビができているときは化粧水を手でつける

化粧水はコットンでつけますか、それとも手でつけますか。ニキビができているときは手でつけるのがおすすめです。
コットンでつけるとケバや叩くときの力が刺激になってバリア機能を低下させます。バリア機能が低下すると角質が厚くなって毛穴つまりを起こしニキビにつながります。
500円硬化大の化粧水を手のひらにとったら、手のひらを顔に押しあてるように顔全体につけます。頬、顎、額、鼻と顔全体を万遍なく手のひらで抑えて、全体になじませます。最後に軽く手のひらで包みこんで押さえるようにすると、手の熱で化粧水の浸透がよくなります。